■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)

終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)
宮台 真司
終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアル (ちくま文庫)
定価: ¥ 609
販売価格: ¥ 609
人気ランキング: 19768位
おすすめ度:
発売日: 1998-03
発売元: 筑摩書房
発送可能時期: 在庫あり。

宮台? あ?、いたなぁ?、そんなやつ。
ブラセラ女子高生を礼賛してきた宮台。
なのに現在、自分は箱入りお嬢様と結婚!!
しかも、メディアの情報を真に受けてはいけないとか言ってる。

その通りだと私は思う。

宮台なんか真に受けちゃいけない。


子供の頃から塾に通って、勉強して、いい大学に入って、いい企業に入って、そのあとに何かあるか? 何か劇的な変化はあるか? そんなものはないって言ってるけど、
「ない」ってなぜ言い切れるの?
モテないやつも努力したらモテるようになるぞ?
後、「終りなき日常」(なんだよ、終りなき日常って……ダサ!)を「拒否」したやつらが、
オウムに入ったのだから、そんなやつらに命令形で終りなき日常を生きろ!!って言っても意味ないんじゃ?


後、ダメな学校言ってダメな企業に入った人から見れば、いい企業に入れた人はかなり羨ましいだろうし、勉強しないよりはした方が絶対いいと思う。


宮台読んで感心してるやつとオウムに入るやつは、結局は知的レベルが一緒だと思う。


こんなやつに感心する馬鹿が多いから、思想、哲学の本読んでるやつはキモいやつらって世間から見られちゃうんだよ。

わかったかい?

肝心なのは受け止めること
果たして、宮台真司がいうほど現代は生きにくい時代なのか。

確かにもう成長幻想はないし、がんばれば目の前にすばらしい世界が広がるわけでもない。

だからといって、僕は宮台真司ほど絶望していない。

肝心なのは受け止めることなのではないだろうか。

そうして自分の足場を固め、踏ん張って生きていくべきなのではないだろうか。

「生きにくい」とか「閉塞感」とか、言葉が独り歩きしている感がないわけでもない。

それに流されてしまうと、上っ面だけしか見えてこないのではないだろうか。

茶髪は「脱力」
友達に勧められて初めて読んだ宮台作品。
輝かしい未来のない「終わりなき日常」に
適応するため、まったり生きるといいのでは
と言っていた作品。
まったり生きればオウムに救済を求めることもなくなるとも言っていた。
茶髪を「脱力」として扱っていたことには
はっとさせられた。
「薄汚れたどぶ色でも、あるひとときは眩いばかりの純白を放つ」という部分は
ミスチルが言っている「この醜くも美しい世界」と似ている気がして興味深かった。
自分の中にあったモヤモヤしたものが
整理されてスッキリした。
複雑な社会を結構体系的に描けちゃう宮台っていう
人は頭いいなあと思いました。

スポンサーサイト

プロフィール

弘道

Author:弘道
弘道:普通にサラリーマンをしつつ、趣味のFXで月収UPを目指す!

相互リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。