■2009年03月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■CYBER・カスタムジャケット<ガンメタリック>(PS3用)

CYBER・カスタムジャケット<ガンメタリック>(PS3用)

CYBER・カスタムジャケット<ガンメタリック>(PS3用)
定価: ¥ 1,029
販売価格: ¥ 795
人気ランキング: 8965位
おすすめ度:
発売日: 2007-09-24
発売元: サイバーガジェット
発送可能時期: 在庫あり。

スベルよー
ゲームの大事な局面に限って滑ったりズレたりが気になるのは俺だけ?

スポンサーサイト

■信長の野望 天下創世 (説明扉付き厚型スリムパッケージ版)

信長の野望 天下創世 (説明扉付き厚型スリムパッケージ版)

信長の野望 天下創世 (説明扉付き厚型スリムパッケージ版)
定価: ¥ 3,970
販売価格: ¥ 3,480
人気ランキング: 370位
おすすめ度:
発売日: 2006-10-06
発売元: ソースネクスト
発送可能時期: 在庫あり。

「信長の野望 天下創世」は町づくりなどの内政や合戦がフル3D化。これまでの信長では味わえないリアルかつ自由な指揮が可能になりました。合戦では砦をめぐる攻防が展開する野戦に勝利すれば、引き続き城攻めが可能です。クライマックスは大名の規模が大きくなると有力大名が配下城主を総動員する「決戦」が勃発!(1)フル3Dによるビジュアル内政(2)3Dリアルタイム・タクティカル・システムを採用した合戦(3)歴史ifイベントの発生によりドラマチックな展開に(4)シナリオは4本(家督相続~本能寺の変)

あたしゃ、好きだね。
今回もまず、「信長の野望」シリーズのほかの作品と比較して、この作品を類別化してみましょう。
・地図は、それぞれの城が街道で結ばれているタイプで、国が面として隣り合うタイプではありません。
・「本拠地」なるものを定めることができますが、本拠地を落としたからといってそれだけではその大名の持つ領地を総取りできるわけではありません。
・合戦はリアルタイム式。「嵐世紀」のノリですが城攻めは「嵐世紀」より難しくなっています。
・諸勢力は出てきません。
・内政は箱庭式。領内マップにある升目を「ここは商人町、ここは鍛冶村」と思い思いに埋めていく方式ですね。
では次ぎに本作の特徴を。
・合戦は、基本的にはまず「野戦」。そこで攻撃側が勝つと「城攻め」という順番になります。ただ、守備側が不利を悟ればいきなり「籠城」を選択できます。
・それぞれの大名には「名声」の多寡により「格」づけされます。その「格」によってできることできないことがあり、合戦においてその格差はかなりシビア。パワーアップキットにおいてはさらにシビア。
・「蒼天録」のようには止まりません。その辺はご安心を。
無論プラスマイナスありますが、総じて面白いです。「信長の野望」がお好きなら試してみるのもよかろうかと。

グラフィツクは綺麗だが・・・。
 光栄シリーズはすべて遊んだことがありますが、今回に関しては武将の顔のグラフィックは綺麗になりよかった。(一部はどうだろうか??。と言う顔もあるが。)
ゲーム的には街づくりがメインのゲームかな。町の景色も綺麗でよかったです。
 いつも思うことだが、光栄シリーズは戦略スピードが極端です。
初級で遊ぶと戦略もゆったり進むが、上級ともなるとわずか4年の間で各地域が統一されており遊ぶ気がすぐに失せてしまう。各国のせめぎあいが無いとつまらないゲームです。
 ソースネクストから出ている劣化版なら値段的にも遊べるので満足だが、光栄から出ている最初の単価だとどうだろうか??と考えさせられます。
 また、戦闘では鉄砲があればどんな武将でもほとんど勝てます。鉄砲の効果もう少し薄めたほうが良いでしょう。実際、鉄砲伝来からなぜこんな短時間に鉄砲の数が急激に増えるのか疑問だらけです。また、敵対する国も鉄砲の数が異常に多いのが気になります。
 ゲーム的には初期のころのほうがよかったのでは?と思いました。

現時点で
現時点でこのお値段ならば、買ってプレイしても損はないと思います。(コーエーのオンラインサービスを受けられるかどうかは定かではないですが)。
コーエーオリジナル版当時は要求されるスペックが高かったので、かなりイライラしながらプレイする羽目になりがちでしたが、現時点ならばそれなりにサクサク出来るのではないでしょうか(もちろん快適に楽しむなら、独立したビデオボードは必須)。
リアルタイム戦闘は当然ながら嵐世紀よりも進化しています。ただ、惜しむらくは陣形というものが全く導入されていないこと。戦場の起伏や地形に力を入れるよりも、野戦での陣形を取り入れて欲しかったものです。

■機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V 特典 諜報部機密ファイル:兵器情報集付き

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V 特典 諜報部機密ファイル:兵器情報集付き

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V 特典 諜報部機密ファイル:兵器情報集付き
定価: ¥ 6,800
販売価格:
人気ランキング: 232位
おすすめ度:
発売日: 2009-02-12
発売元: バンダイ
発送可能時期:

前作より期待してよいのか?
随分と機体やキャラクターなどが増えたようですが、ハサウェイまで出すならUCも少しなら
出せばいいと思いますが。年代的にハサウェイより前ですし・・・。大人の事情なのですね。
少し遅い正月休みに丁度良い暇つぶしになれば良いのですが、楽しみにしています。

何であろうと購入
ついに念願のセンチネルが!!
もはや、これだけで買いです

アライメントよりは
ps時代の内政に戻して欲しかったが。。。

AOZは…
それ出すならps時代のMSVキャラクターの復活を?

ゲーム自体に賛否はあるでしょうが
ファンの買替え欲を刺激するには十分かと…

プレイ前ですが、COMの理不尽な追加派兵や
戦略性に欠く部隊配置、戦闘フェーズのユニット運用なんかが
改善されてるとよいのですが…

事前情報です
ギレンの野望シリーズ最新作アクシズの脅威がPSPで発売になり、据置派人間な自分は移植を望んでいましたが・・・どうやら発売になるようです。

システム的には10年以上前に『ジオンの系譜』で完成されているので文句なしでしょう。
安心して遊べます。

Gジェネでは満足できずリアルサイズのガンダムシミュレーションをやりたい人は是非。
多少難しめ(主に序盤の資金繰りが)ですが、難易度もかなり幅広く選択できるので、初めてでも問題ないとは思います。

マニアはオデッサは通常戦力で落とし、サイド3はジムとボールだけで制圧してみせましょう??


それでは目玉機体を紹介します。

イグルーから「ズダ」登場。
逆シャアから「サザビー、νガンダム」
さらにさらに、
閃光のハサウェイより、「Ξガンダム、ペーネロペー」

もちろんパイロットのマフティー・ナビーユ・エリンも登場しますよ!!

これはもう、即買い決定です。

■人間のための経済学―開発と貧困を考える

人間のための経済学―開発と貧困を考える
西川 潤
人間のための経済学―開発と貧困を考える
定価: ¥ 2,835
販売価格: ¥ 2,835
人気ランキング: 160960位
おすすめ度:
発売日: 2000-11
発売元: 岩波書店
発送可能時期: 在庫あり。

経済学初心者にも十分理解できます。
表題だけ見るとなんとも難しそうな感じを受けますが、
経済のテキストとは違い、難しい計算式もなく経済の
バックグラウンドのない方でも十分に読めます。
「開発における経済学のありかた」という感じでしょうか。
開発と経済学の関係は今大きく変わろうとしています。
それまでの、工業化・近代化理論をベースとしたマクロ的視点から
人間の潜在能力の開花・参加型の開発といったミクロ的要素に
注目が集まるようになりました。
本書を通して、このような変化する経済学と開発の関係の大きな流れと
その問題点を分かりやすく掴むことができます。

■カーメイト(CAR MATE) スーパーローポシジョンオフセットノブ GM ガンメタ RA122

カーメイト(CAR MATE) スーパーローポシジョンオフセットノブ GM ガンメタ RA122

カーメイト(CAR MATE) スーパーローポシジョンオフセットノブ GM ガンメタ RA122
定価: オープン価格
販売価格:
人気ランキング: 13930位
おすすめ度:
発売日:
発売元: カーメイト(CAR MATE)
発送可能時期:

●特徴:新オフセット機構により、シフトノブをシフトシャフトから約8mmオフセット取付け。「手前に寄せる」「ハンドル側に寄せる」など理想のシフトポジションを追求します。高さはシフトシャフトトップから4mmの高さのローポジションでクイックシフトを実現。

■Irving Penn. Eine Retrospektive

Irving Penn. Eine Retrospektive
Irving Penn
Irving Penn. Eine Retrospektive
定価: ¥ 3,474
販売価格: ¥ 4,281
人気ランキング: 9294位
おすすめ度:
発売日: 2006-01
発売元: Schirmer /Mosel Verlag Gm
発送可能時期: 通常11~13日以内に発送

■メイドをねらえ! 中林校長の野望 餅田菜摘 暁暗の黒メイドバージョン (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

メイドをねらえ! 中林校長の野望 餅田菜摘 暁暗の黒メイドバージョン (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

メイドをねらえ! 中林校長の野望 餅田菜摘 暁暗の黒メイドバージョン  (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
定価: ¥ 6,801
販売価格: ¥ 3,892
人気ランキング: 6951位
おすすめ度:
発売日: 2008-08-06
発売元: トイズワークス
発送可能時期: 通常1~2月以内に発送

■信長の野望・革新 マニアックス

信長の野望・革新 マニアックス

信長の野望・革新 マニアックス
定価: ¥ 2,520
販売価格: ¥ 2,520
人気ランキング: 3828位
おすすめ度:
発売日: 2006-06-17
発売元: コーエー
発送可能時期: 在庫あり。

PC版所持者も、マニアックスだけで十分
コレ1冊で十分な情報が載ってます。
スペシャル武将のデータや、役職、官職、家宝データにイベント、
武将のマスクデータまでかなり詳しく載っていますので、重宝します。
ほとんどカラーのページなので、見た目もカラフルで綺麗ですし
PCしか持っていない私も十分楽しめます。
余談ですが、この本を見てPS2とPCでは戦法の名前が違うのを初めて知りました。


敢えて買うなら此の一冊
相変わらずマニアックスは素晴らしいです。
背表紙にPS2の文字が見受けられますが、スペシャル武将(の一部)が登場しない点と戦法名以外は同じなので本家PC版にも勿論対応。
全武将データ、勢力別技術研究考察、全国データ解析…とプレイ上必要なデータは何もかも網羅しています。シナリオ別GRP(域内総生産)やオンラインでの統計データ等、興味深いデータも掲載。
高額な攻略本を何冊も(しかも上下巻に分けて)発売する大名商売の如き姿勢は慙愧に堪えませんが、その中で敢えて一冊選ぶなら間違い無く本書で決まりでしょう。

■機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威 コンプリートガイド

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威 コンプリートガイド

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威 コンプリートガイド
定価: ¥ 1,785
販売価格: ¥ 1,785
人気ランキング: 22660位
おすすめ度:
発売日: 2008-03-31
発売元: エンターブレイン
発送可能時期: 在庫あり。

厚みの割に物足りない内容
絶対手抜き。PS版の旧作の時の内容が良かったので即買いしましたが、攻略は淡白、人物も兵器も数字だけで解説無し。これが最初ならともかく、PS版の時の本を知っているだけに余計に物足りなさを感じました。攻略本としては退化してるでしょ。どうしてこのまま出すかな?元々取っつきの悪いこのゲーム、攻略本まで取っつき悪くしてどーすんの、という感じ。はっきり言います。お勧めできません!

質がガクッと下がってしまった
ギレンの野望シリーズはガンダムゲームでも屈指の戦略シミュレーションとして名高い。
1年戦争近辺を満遍なく扱うゲームなので自然と攻略本の内容も充実し、結果今までのゲームでは読み物として見ても面白い、質の良い攻略本が発売されてきた。
しかしシリーズ最大のボリュームを誇る今作の攻略本は、悲しい事にシリーズ最低の内容となっている。

構成としては、ゲームの進め方、各勢力の紹介・攻略、各エリアの説明、登場キャラクターのデータ、登場機体のデータ、改造データ、イベントデータと必要なものはすべて揃っている。
だが、満足出来る内容なのはゲームの進め方指南と各エリア説明ぐらいである。
各勢力の攻略情報は初期勢力こそ7ページ程だが、その他の勢力に関しては見開き2ページだけで済ましている。
しかも左ページは全面初期勢力圏の表示と敵対勢力の説明に使われているので、実質攻略に役立つのは右側1ページのみである。
正直言ってゲーム雑誌の特設コーナーレベルであり、とても攻略本が提供する情報量とは思えない。
特に酷いのが各データの表記方法である。
機体データには寸評も何もなく、機体の特色を読み取るのが非常に難しい。
更に今作の新要素である専用機改造の有無が機体データ欄には一切表記されておらず、別途改造データの中から専用機改造を探さなければならなくなっている。
イベントデータに至ってはチャート式ですらなく、種類毎に記載されているので時系列で追おうとすれば何回もページを跨がなければならない。

正直、こんなレベルの内容で一冊にまとめるくらいなら質を従来のレベル以上にして2冊にしてほしかった。
ファミ通の編集部は人手不足なのだろうか?

手抜きの攻略本
攻略本のほとんどのページを占めるのは、キャラクターやユニットのデータ。

データ集としては一応は使えますが、ユニットデータの欄に開発可能な勢力等が載っておらず
最後の方のページに纏めて乗せてあり使い辛い。

しかもユニットのデータは名前順なのに、何故か開発可能勢力欄では形式番号の順になっており
どちらかに統一すればいいのに意味不明。

そして、ユニットもキャラクターも寸評などは一切無し
でも誤植などは相変わらずあります。

イベントも、攻略本の最後に一覧として載ってるだけ、一応条件などは網羅されてますが
ファミ通本誌の方でやっていたフローチャート風に、各イベントの相関関係を視覚的に判りやすく
載せるべきだったのでは?


まとめ   

一応、データ集としては見れます、それだけです。




プロフィール

弘道

Author:弘道
弘道:普通にサラリーマンをしつつ、趣味のFXで月収UPを目指す!

相互リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。